’80s ガーリー広告にトキメキました

’80s ガーリー広告にトキメキました

サイトのリニューアルでも参考にした「’80sガーリーデザインコレクション」の著者、ゆかしなもんさんの新著「’80sガーリー雑誌広告コレクション」が出ました。80年代に夢中のわたくしは当然ゲットしました!

当時ガーリーなアイテムはあまり眼中になかったので、こんなのあったんだという発見の楽しさがありました。きっと同世代の女性なら懐かしさで悶えるはず!

かわいすぎるお菓子のパッケージ。今売っていたら絶対買います。

ヤンヤンつけボーは昔のパッケージの方が良いかも。

売ってくれ!いま売ってくれ!

キキララの髪色が今と昔で違います。自分はやっぱり古い方に馴染みがあります。

おにぎり型水筒。当たり前のようにみんな持っていたけど、最近ほとんど見かけませんね。

今みても十分ときめきますね。

オールスター感がハンパない。スパンクかわいいなあ。もう一回流行らないかな。

女の子向けの玩具の広告は、男性が必死にかわいく作ろうとしている感じがします。どこぞのホームページみたいですね。

自分の中のガーリーが目覚める

以前紹介したちびっこ広告手帳より広告数は劣るものの、大好きな80年代に特化しているので満足感がありました。お菓子や玩具だけでなく、コスメの広告も載ってます。各広告に付いているゆかしなもんさんのコメントも素敵です。

デザインの参考書としては「’80sガーリーデザインコレクション」の方が有効ですが、当時のカルチャーを知るならこちらのほうが良いかもしれません。むやみに長く、独特な言い回しの広告コピーも今だからこそ真似したくなります。

こういうのを見ると女性がうらやましくなっちゃいますね。水曜日は映画1000円だし。