ご先祖様を大切にしたくなる「リメンバー・ミー」

ご先祖様を大切にしたくなる「リメンバー・ミー」

映画「リメンバー・ミー」を観ました。陽気な死者の国と、素敵な音楽と、ほろっとくるストーリー。ご先祖様を大切にしたくなりました。

とある出来事をきっかけに死者の国に迷い込む主人公ミゲルが、家族に存在を忘れられそうになっている死者のヘクターと協力して元の世界に戻るために冒険します。

死者の国がとても陽気で、死んでもこんな世界が待っているなら悪くないと思いました。現世に自分を覚えているものがいなくなったら死者の国からも姿が消えてしまい、本当の死が訪れるという設定がユニークです。

死んだらどうせ無に帰るから、現世でがんばっても無駄かなと思っている方は、人の記憶に残るぐらいにはがんばっておいたほうが死後に楽しく過ごせるかもしれません。そしてご先祖様が楽しく過ごせるようにたまに思い出してあげましょう。

スーパーマリオオデッセイでもメキシコ風のステージがあったりして、なんだかメキシコに追い風が吹いてますよね。ビビットな彩りと陽気なBGMは世界的に受け入れられやすいのかも。

同時上映の「アナと雪の女王/家族の思い出」はオラフが主役。観たらきっとオラフが好きになります。前作よりも高らかに歌い上げる曲があるのですが、吹替版のピエール瀧さんはちゃんと歌えたのか気になります。ショートムービーにしては長めの約20分。しかもその中で5曲ほど新曲が含まれているのでファンは必見です。

映像的な新鮮さはなく、ストーリーもシンプルですが、心地の良い賑やかさが映画全体を包んでいます。興味がわいたらぜひどうぞ。小学校中学年以上のお子さんなら楽しく見れると思います。