家事と育児 VS やりたい仕事。インクレディブル・ファミリー

家事と育児 VS やりたい仕事。インクレディブル・ファミリー

映画「インクレディブル・ファミリー」を観てきました。家事と育児にてんてこ舞いのヒーロー家族を描いた2作目。見せ場も多くて楽しかったです。

Advertisement

ヒーローに家庭があったら?というユニークな設定をしっかり活かしつつ「家事、育児と仕事の両立」という共感しやすいテーマを描いた本作。夫婦なのにお互いにライバル心があるところも物語に効いています。ほんのりと男女均等的なメッセージも込められていました。

ハイテンポで見せ場もたっぷりのアクションシーンも満載。とくにイラスティガールのバイクのシーンは、彼女の能力をうまく活かしたギミックが満載でとても見応えがありました。

世間に弾圧されながらも正義のために戦うPIXER発のX-MEN。途中で少々話が入り組んでくるところはお子さんには退屈かもしれませんが、終盤にかけてどんどん盛り上がって、最後には楽しかった!という余韻が残る良作です。夏休み映画に迷ったら選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。1作目を観てから行きましょう。

PIXER映画のもうひとつのお楽しみといったら同時上映のショートムービーですよね。今回の「BAO」もすばらしかったです。楽しい映画を観にきたのに思わず泣きそうになっちゃいました。