料理とバクダンに明け暮れる。ゼルダ日記3

料理とバクダンに明け暮れる。ゼルダ日記3

ハイラルに着いてすぐに確信しました。このままでは本当に2年半かかると。

前回はゼルダ日記はこちら

ハイラル王に言われたとおり目的地に向かって道なりに進むと、橋の上に誰かいる!

良かった。敵ではなさそうです。

その後も数人出会いました。なんかホッとするなあ。みんなアイテムを売りつけてくるけど。

料理が楽しい!

道中でよく見かける鍋に拾い集めた食材を放り込むといろんな料理が作れます。食材をそのまま食べるより回復効果が高くなります。

食材を変えるとちゃんと別の料理になります。種類は今のところ底知れません。組み合わせを失敗すると「微妙な料理」というマズそうなものになってしまいました。

リモコンバクダンが楽しい!

祠(ほこら)で身につけた能力「リモコンバクダン」を高台からボコブリンのキャンプに向かって放り込んでスイッチオン!

ボコブリンたちを一掃できました。爽快感と罪悪感を一度に味わえます。

こんどは川の魚群に向かって投げ入れてドッカーン!

気絶した魚たちを採って料理の食材にします。やっていることはダイナマイト漁です。現実では決してマネしてはいけません。

コログってなんだ?

ふと見上げると崖の上に赤く光る風車を発見。

付近を飛び交う謎の物体を弓矢ですべてやっつけたら「コログ」という妖精が現れました。

「コログのミ」をくれました。これがうわさに聞いた、全部で900個あるやつですか。ぼくはこういうのを集めないと気が済まない性格なので、これからの苦難を考えると気が重いです。

攻略法をきいてみた

ひとつにゲームに2年半もかけたくありませんから、勤務先のKくんに効率の良い攻略法を聞くことにしました。

 

Kくん
インパに会いました?
higo
まだ会ってないよ。
Kくん
冒険を進めていくと2回会うことになりますが、そこまでにかかる時間で、攻略法を実行するかどうかを決めましょう。

 

Kくんの見つけた攻略法は、効率は良いけど達成感を損なってしまうらしく、著しく時間がかからないようなら知らずにプレイしたほうが楽しめるのだとか。もうすでに著しいんですけど。

 

Kくん
ひとつだけアドバイス。道なりに進んで馬宿を見つけたら全員の話を聞いてください。自分の馬を手に入れると冒険が捗ります。

 

よし、馬宿は近そうだ。希望を捨てずにがんばるぞ。

前回はゼルダ日記はこちら