VRで酔い疲れました

VRで酔い疲れました

image

「シドニーとあやつり王の墓」というVR(バーチャルリアリティー)のスマホゲームをやるにあたって、CardBoardというゴーグルを使うと臨場感が増すそうなので、さっそく組み立てました!

image

スマホがおさまらない・・・。

image

仕方ないので輪ゴムで縛りました。これでいいのかな・・・。

ところが装着しようとしたらメガネが邪魔でつけられず、メガネを外すと立体に見えず。ゴーグルはあきらめてスマホだけでプレイしました。また無駄な工作をしてしまった。

image

スマホをもって向きを変えると、

image

画面内も向きが変わります。これがVRです。画面を操作しなくても良いぶんお手軽ですが、普通のゲームならタップで済むところを数秒間見つめていないといけないので一長一短です。

image

シドニーという女の子が遺跡で魔法の杖を探しにいくストーリーですが、襲いかかる敵をやっつけるだけで、謎解き要素はありません。しかも10分程度でエンディング。ゲームとしては物足りないです。ナビゲーションの出来が良いだけにもったいないですね。

スマホを持っていると腕が疲れるし、ぐるぐる回っているうちに酔ってきます。VRは課題が多そうです。そのぶん、工夫の余地も多そうです。