おっさんがプリキュアを描く

おっさんがプリキュアを描く

ついに我が家もプリキュアに占拠されてしまいました!というのは(近い未来でありながら今のところは)冗談で、これらは仕事の関係でいただいたプリキュアグッズです。我が子はまだわからないので、クレヨンや画用紙を残して、その他は対象年齢の子を持つお友達にプレゼントしました。

箱に描かれたプリキュアを見よう見まねで描いていると、我が子が大胆に加筆してくれます。めげずに描いているうちに、だんだんプリキュアが好きになってきました。いいおっさんなのに心配です。

ロボットやキン肉超人はよく落書きしていましたが、女の子のキャラクターはもしかしたら初めてかもしれません。顔はもちろん、全身を描くのがとても難しくて、何度描いても頭身が崩れます。写真はなんとかマシに描けたものです。

見て描いているのにうまく描けないのが、もどかしくもあり、楽しくもあり、けっこう夢中になってしまいました。ふと、プリキュアをスラスラ描けるおっさんって面白いかも、と思ったので、これから地道に練習していくことにしました。将来、我が子やその友達から一目置かれる存在になるべく頑張ります。