呪いの館

呪いの館

知っている方は「何をいまさら」と思われるでしょうが、遅ればせながら「呪いの館」というゲームを知りました。ゲーム開発ツール「K&P」によって生み出された独特な世界観は、あのチーターマンを彷彿とさせます。 ゲームの長さは短めですが、難易度設定や仕掛けの施しが良い具合で、バグだらけのチーターマンと比べると、こちらの方が断然良くできています。にもかかわらずチーターマンに勝るとも劣らぬカオスな世界を感じさせるのは、やはり主人公の動きや叫び声のせいなのでしょうか。

作者の三角おにぎり氏のセンスはキャラクターの動きやサウンドだけに留まりません。特筆すべきはなんといってもエンディングで雷とともに現れる一文です。動画を最後まで見ていない方は、ぜひ観てみてください。

腰が砕けるとともに、その斬新さに嫉妬心さえ覚えてしまうことでしょう。