面クリ型アクションスマホゲー「Burn It Down」が地味に琴線に触れました。

死んで学ぶ系の、若干難易度の高いゲームでしたが、クリアまでいけた理由は3つあります。

1. 操作のシンプルさ
左右の移動のみでジャンプも実現していて、スマホに最適な操作と遊びを実現していました。

2. リトライのはやさ
これは多くのゲームでも実現していますが、すぐリトライできるのはとても重要ですね。

3. セントラルクエスチョン
主人公の奥さんの行方を追うストーリーで、結末が気になって最後まで頑張れました。

ステージ構成も考えられていて、ほどよい達成感があります。効果音が残酷でしたが、音ありでのプレイがおすすめです。

  • 前の記事

    2015.09.28

  • 次の記事

    2015.09.28