ポケ森はちっともスローライフじゃない?

ポケ森はちっともスローライフじゃない?

スマホゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ」略してポケ森、やってますか?普段ゲームをやらない奥さんでさえハマっているほのぼのゲーム。ぼくもがんばっているのですが、あまりの鬼仕様に驚愕しました。

ポケ森は、キャンプ場の拡充が主目的のゲームです。キャンプ場はプレイヤーのレベルアップによって拡充できますが、そのためにはプレイヤーがどうぶつの「パシリ」となり、ひたすら彼らのおねがいを叶え続ける必要があります。そのサイクルを図にしてみました。破ったカレンダーの裏に書いたので汚くてすみません。

①虫、果物、魚をどうぶつのプレゼントすると、経験値が貯まると同時に、彼らから②家具の素材や④少量の通貨がもらえます。それらを使って、どうぶつが望む③家具を作ると、ようやく自分のキャンプ場に訪れてくれるようになります。

この時点で気づくのは、家具を欲しがるどうぶつ自身が家具の素材を持っているという事実。

自分で作れよ!

という気持ちを抑えつつ今日も元気にパシるわけですが、さらに過酷なのは以下のグラフのように、必要となる②④はインフレしていきます。

①の獲得量はレベルが上がってもほぼ一定ですが、②④は上昇していきます。この乖離は時間か課金でしか埋められませんが、これではあるタイミングからゲーム進行が著しく停滞します。たいがいのゲームなら①もなだらかに上昇し、プレイヤースキルによって停滞を緩やかに先延ばしにできるのですが、ポケ森にはその両方がありません。

鬼じゃ・・・かわいい皮をかぶった鬼じゃあ!

どうぶつの登場順が全プレイヤー共通なのも残念です。他人のキャンプ場に行っても、同じ顔、同じ家具。これでは交流が楽しくありません。

キャンピングカーも奇妙です。ゲームを進行していくと、キャンピングカーの拡張を勧められるので、言われるがままにローンを組んで拡張し、中に家具を置くのですが、とくに効能はなし。詐欺にあったかのようです。

効率の良い進め方

ケチばかりつけていても仕方がないので、個人的に良いと思った進め方を紹介します。

リーフチケットの投資先はここだ!

貴重なリーフチケットはどこで使うか。それはズバリ「作業台」です!

作業台を増やしておくと、一度に複数の家具をクラフトできるので待ち時間を抑えられて効率が良いです。作業台を増やすのに必要なリーフチケットは80枚。2つめも3つめも同じです。ここはインフレしないんかい!とツッコミつつ、ありがたくフル追加しましょう。

ニンテンドーアカウントと連携せよ!

ニンテンドーアカウントは、文字通り任天堂公式のユーザーアカウントで、ポケ森だけでなく、任天堂のゲーム機やスマホゲーのユーザーデータが保存されるので便利です。このアカウントと連携すると、以下のような限定アイテムや素材、通貨がもらえちゃいます。

これはスローライフなのか

ここまで書いてきたとおり、ポケ森は従来のどうぶつの森シリーズとは異なるゲームシステムで、非常に過酷なバランスになっています。あるとき奥さんに「リーフチケットは大切にしなよ!」とか「その家具よりこっちを先に作ったら?」とアドバイスしたら

「好きにやるからいいの。」

と言われて目が覚めました。効率を気にしてスローライフを否定していたのは自分自身だったのです。ぼくはポケ森のポの字もわかっていませんでした。鬼仕様のクソバランスということしかわかっていませんでした。

ポテンシャルは計り知れない

機能やコンテンツが追加、改善されるのは当然として、大いにのびしろがあると感じる点は、柔軟な世界観と女性ユーザーの比率の高さです。コラボやイベントには従来のスマホゲーには縁がなかったジャンルも参入してくるかもしれません。Miitomoでは成し得なかったことができる予感がします。そしてなにより、任天堂のスマホゲームは Apple にも Google にも愛されています。これは何より強いです。LINEゲームとは大違いですね!シーッ!

真のスローライフを知りたい方にオススメ!一緒に遊んでくれる人がいると断然楽しいです。ポケ森もそうか。

こちらは森のインテリアコーディネーターになる異色のシステム。部屋作りが好きならやる価値ありです。