映画「バケモノの子」を観ました。なんとなく微妙な予感がしていたのですが、まわりの盛り上がりに押されて観ることにしました。

十分に娯楽性はあるし、目に楽しいし、感動シーンもあるので、好きな人にはおすすめです。しかし、個人的にはまとまりのない映画だなと思いました。そして、細田さんの引き出しは意外と底が浅いのではないかとガッカリしました。それにしても、なぜあんなに盛り込んでしまったのだろう。

でも予感が当たったのはうれしかったです。

  • 前の記事

    2015.07.18

  • 次の記事

    2015.07.19