スーマリ3Dランド裏面クリア

スーマリ3Dランド裏面クリア

以前紹介したスーパーマリオ3Dランドをクリアして喜んだのもつかの間、なんと同じ規模で裏面が用意されていました。各ステージにはスターコインという特別なコインが3つあるのですが、このたびようやく裏面を含む全ステージのスターコインを集めきり、プレイヤーの頑張りを表す★印はめでたく4つになりました。

クリア後も、最初に感じた「面白すぎる」という感想は揺るぎませんでした。こんなステージ構成をどうやって思いつくのだろうと唸ってばかりです。とくに最終面のクッパ戦は毎度のことながらすばらしく、ジャンプの醍醐味を存分に活かしたアドレナリン放出必至の構成となっているので、まだ遊んでない方にはぜひ体験してもらいたいです。

ステージセレクトが従来のものに比べて簡略化されており、プレイヤーを迷わせない作りになっているところが今回の特長です。全ステージを強制的に遊ばせるかわりに、なるべく行き詰まらないように設計しています。こういう形になると、今までなんて無駄が多かったのだと思ってしまいますよね。プレイ時間も数分単位になっていますし、ソーシャルゲームの考え方に近いと感じました。いま遊んでいるマリオカート7はそのあたりの配慮が足りていません。

こちらの対談で宮本さんが「自分はアクションゲームが意外に得意かもしれないって思えるような仕上がりになってるんです。」と言っていたので、気分よくクリアさせてくれるのかと思いきや、後半はあいかわらず難しいです。「こんな難易度にしたやつは誰だ!出てこい!」とミスするたびに心の中で悪態づいたりもしました。しかしクリアできてしまうと嫌な気分もクリアされてしまうから、マリオはずるいと思います。

さて、プレイヤーの頑張りを表す★は最高5つなので、まだ完全クリアではありませんが、5つにするには、ルイージでも全ステージをクリアし、なおかつ全ステージのゴールポールで必ず頂点(1UP)をつかむ必要があるそうなので、もうあきらめます。表面はまだしも、裏面は時間に追われるステージが多く、もう一度それらをやる気力が湧きません。とくに「マネック」という、ひたすらマリオを追いかけてくるキャラクターは本当にトラウマです。

次回はマネック抜きでお願いします。