3DSはじめました

3DSはじめました

念願の「ニンテンドー3DS」をゲットいたしました!メガネのいらない3Dがたびたび話題になりますが、いざ始めてみると付属のARやカメラ機能がかなり楽しいことに気づきます。写真の手前に並んでいるものがARカードです。これを3DSのカメラで写すことで現実世界にゲームキャラクターが現れたようにみえるのです。ご興味のある方は続きをご覧ください。

ARカードをおいて現実にゲームキャラクターを合成してみました。ポーズも構図も自由自在。カードさえあればどこでも撮影できるので、いろんな合成写真を楽しめそうですね。

今度は作った自分のMiiをテーブルに置いてみました。WiiのときはMiiを作るのもひと苦労でしたが、3DSは自分の顔を撮影して自動的にMiiを作り出す機能があるので楽チンです。カメラは前面と背面にあります。

ARカードを使ったゲームもあります。「マトあて」では後半にドラゴンが出てきました。いろんな方向から矢を撃たなければいけないので部屋中をぐるぐる移動してやっつけなければいけません。楽しいです!

「顔シューティング」では撮影した顔が敵となって四方八方から襲ってくるので撃ってやっつけます。目や口の位置をしっかりあわせて撮影すると、敵となったときに喜怒哀楽の表情を見せてくれます。我が子が険しい表情で襲ってきたときは反抗期ってこんなものかなと思いました。

撮影した写真はSDカードに保存されるのでデジカメの画像と同じように扱えます。作ったMiiもすれちがい通信で共有したり、以下のようにQRコードで共有することもできます。

ソフトは「レイトン教授と奇跡の仮面」を買いましたが、標準機能だけでもまだまだ楽しめる要素がまだ残っているので、レビューはもう少し後になりそうです。