ピカソとクレーと山下清

ピカソとクレーと山下清

久しぶりに美術展に行きました。「ピカソとクレーの生きた時代」と「山下清展」です。どちらも渋谷で開催中です。 作品の解説はもちろん、タイトルもロクに読まずに、絵だけを見るのが好きです。とくに抽象画においては、見て楽しいとか、綺麗だとか、なんとなく心に残るとか、そういう感想で良いと思っています。

ピカソとクレーの方はそういった楽しみ方で良さそうでした。同じ手法とみられる抽象画でも、ピカソの絵は他のそれより圧倒的に力があるというか、体温を感じました。クレーの絵は初めて見ましたが、色使いがものすごく上手だと思いました。しかも表現がバラエティ豊かで、常に新しいことに挑戦していたのだなあと勝手に思いました。

その後、山下清展にいきました。こちらは人が多かったのでとんとん拍子で見てきましたが、見たものを見たまま素直に描いた作品はどれも細かく丁寧で、好みのものが多かったです。以前紹介したグランマモーゼスの絵のように、人に動きがあるともっと楽しそうです。

たくさんのアートに触れられて、贅沢な一日でした。皆様もぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。