「有野の挑戦状」クリアしました

「有野の挑戦状」クリアしました

昨年末から挑戦を始めた「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」を先ほどついにクリアしました!期待以上に良質なゲームがたくさん入っていて、普段やらない苦手なジャンルのゲームも楽しく遊べました。 以前の記事にも書いた通り、ステップアップする形で新しいゲームが遊べるようになるので、ついつい頑張ってしまいます。電車の中でゲームをやり続けたのもこれが初めてです。

中には「ガディアクエスト」というRPGも入っていました。敵を仲間にしたり、ボタンを押すタイミングで攻撃力が決まるなど、オリジナリティ溢れる要素も秀逸です。RPGは面倒だからあまりやらないのですが、このぐらいの規模感だと楽しいと思っている間に終わるので良いですね。

「ハグルマン」というゲームではステージ名が「NEO KICHIJOJI CITY」となっていて、吉祥寺在住の自分には興味深々だったのですが、どうやら制作会社のindies zeroという会社が吉祥寺にあるからみたいです。この会社はエレクトロプランクトンも作っていたんですね。好みのソフトを作ってくださる会社がご近所だと知って、なんだかうれしくなりました。お礼を言いに行きたい気分です。

個人的には「ラリーキング」が一番好きです。ドリフトが綺麗に決まったときは気持ち良いです。1コース1分ぐらいでゴールできるので、電車の中とかでも遊びやすかったです。

本当のファミコンなら、こんなにたくさんのキャラクターは同時に動かないだろうとか、もっとちらちらするだろうとか、もっと色数少ないだろうとか、いろいろ思うところもありましたが、そこまで忠実に再現されていなくて良かったです。

これから遊ぶ人のためにもネタばらしはしませんが、スタッフロールやエンディングにもファミコン世代が思わずにやりとするような憎い演出が盛り込まれています。最後の最後まで作りこまれているので、きっと感動します。ぜひ遊んでみてください。