映画

37/38ページ

12人の優しい日本人

  • 2005.11.13

舞台「12人の優しい日本人」を観たかったのですが残念ながらチケットを取ることができませんでした。仕方なく映画版を観たのですが、これが大当たりだったので紹介します。 三谷幸喜さんの出世作と言われた舞台を映画化したこの作品。先日観て大満足した「笑の大学」同様、物語は会話メインで展開されていきます。12人の個性がぶつかりあうことで事態はどんどんとあらぬ方向に。まさに三谷さんの真骨頂といった感じです。観れ […]

ステルス

  • 2005.10.13

あまり考えずに楽しめる映画を観たいときがあります。もしあなたが今そういう気分なら、公開中の「ステルス」を観に行ってみてはいかがですか。 人工知能を持つ最強の戦闘機が雷にうたれて暴走。果たして人間に勝ち目はあるのか。というあらかた予想ができそうなシナリオはどうでもいいのです。タイでまったりとバカンスするシーンが必要かどうかなんて考えることも野暮です。とにかく目で楽しんでください。 この映画の監督、ロ […]

女子高生ロボット戦争

  • 2005.10.05

「乙女の恋路を邪魔する者は、ミサイル標的ロック・オン!アルバトロス・コアから、超スペクタクル・学園ロボットアクション出動!!」という売り文句を読んで興味が沸かないほうが無理というものです。 レンタルDVDで「女子高生ロボット戦争」を観ました。内容は転校してきたハンサムボーイを争って女子高生が喧嘩をするという学園ドラマなのですが、ロボットという言葉につられて観てしまいショックを受けました。パッケージ […]

DAWN OF THE DEAD

  • 2005.07.25

「ドーン・オブ・ザ・デッド」を観ました。これはゾンビ映画のパイオニアである「ゾンビ(邦題)」のリメイク版。薦めてくれた人が「旧作では歩いていたゾンビが、リメイク版では走るんだよ。」と教えてくれたので、興味を持ちました。 確かにゾンビ達、想像以上に全力疾走です。 ホラー映画は映像がやけに暗かったり、カメラワークがじれったかったりするので好んで観ることはありませんが、本作にはこういった負の要素も無くか […]

アドルフの画集

  • 2005.07.19

アドルフの画集を観ました。あの独裁者ヒトラーが誕生するまでの架空の物語ですが、面白いことに先日観たスターウォーズエピソード3に似ている部分がありました。 第一次世界大戦で大敗したドイツ。戦争で家も家族もフィアンセも失ってしまったアドルフ・ヒトラーと、画家であったが同じく戦争で右腕を失い、画商となったユダヤ人のマックス・ロスマンとの芸術を通じた友情。しかしそれがあの悲劇への序曲なったのです。 アナキ […]

1 37 38