アバター規格を国際標準化

アバター規格を国際標準化

もはやネットサービスにおいて欠かすことのできないコンテンツとなったアバターですが、規格を標準化することで、社会経済が活性化します。

たとえば、以下のような例が考えられます。

  • NHKの受信料を払うとドーモくんアバターをGET!
  • 自動車免許更新をするとピーポ君アバターをGET!
  • 献血を受けると白衣アバターをGET!
  • 給食費を払うと割烹着アバターをGET!
  • 買い物袋を持ってくると買い物袋アバターをGET!
  • ユニクロで服を買うと同じデザインのアバターをGET!
  • 村おこしイベントに参加するとゆるキャラアバターをGET!
  • ユニセフに寄付すると記念メダルアバターをGET!
  • etc…

これらのデータはSuicaやPasmoのようなICカード、あるいは携帯端末上で管理します。さらに国際標準化することで全世界でコレクションが楽しめます。