月別:2016年1月

1/2ページ

ザ・ウォークで手汗びっちょびちょ

  • 2016.01.29

ザ・ウォークは綱渡りに人生を捧げた男の実話です。 今はなきワールドトレードセンターのビル間を無許可で綱渡りするのですが、その過程もまさに綱渡り。序盤は少々退屈ですが、中盤からは高所のスリルと計画遂行のスリルで手汗が止まらなくなります。映画館でここまでのスリルを味わったのは初めてかもしれません。 そして、心の底から3Dで観るべきと思ったのもこれが初めてです。たぶん手汗の量が違ってきます。ちなみに綱渡 […]

  • 2016.01.25

人から熱烈に薦められるとむしろ萎える。けれどヒュプノノーツは熱烈に薦めたい。 基本は進むか戻るかを選択するだけのRPGですが、まさに人生そのもの。苦手だったもの、きらいな授業、うれしかったこと、出会いと別れ。それらすべてがイベントやアイテムで表現されています。 奇をてらったものによくある出落ち感もなく、物語が気になってどんどん没入していきます。ゲームバランスも絶妙で、運ゲーに見えて、攻略法があると […]

  • 2016.01.24

つんくプロデュースでおなじみのリズム天国。リズム感も身につくし、操作も簡単だし、家族で楽しめるすばらしいゲームです。 かつてゲームボーイアドバンスで初めてプレイしたとき、つんくさんの見方が変わりました。自分の中では秋元康さんより上です。

  • 2016.01.24

FRISKのキャンペーンがレトロゲーム風だったので興味本位で応募したら詰め合わせが当たっちゃいました。 手の込んだ箱に入っていて、熱意が伝わってきました。ほとんど無いくじ運を使ってしまいましたがうれしかったです。せっかくもらったので少しずついただきます。

諸星大二郎さんの漫画にハマりそうです。

  • 2016.01.24

以下を読んで、【田中圭一のペンと箸―漫画家の好物ー】第17話:諸星大二郎と吉祥寺のタイ料理 諸星大二郎さんの作品に興味深々。ブックオフで「暗黒神話」をみつけたので買ってきました。 うおぉぉぉ! ブラフマン、アートマン・・・契約、契約・・・。 歴史や神話を独自の解釈で物語に紡いでいくその強引さとスペクタクルに魅了されました。多くのクリエイターさんが影響を受ける気持ちがすごくわかります。宮崎駿さんも間 […]