Kiss X3に買い足したもの

Kiss X3に買い足したもの

前々回、前回でご紹介してまいりましたKiss X3ですが、カメラを買うだけで済まないのが一眼レフなのです。SDカードその他、購入した周辺アイテムをご紹介します。一眼レフの購入を考えている方に参考にしてもらえたらうれしいです。 まず絶対に必要なのがSDカードです。メーカー、性能など千差万別で選ぶのに苦労しましたが、評判のよい東芝の海外版(通称:白芝)の16GB、class10にしました。classの数字が大きいほど読み書きが速く、連射や動画撮影の際に差が出ます。ブランドによっては品質が悪いものもあるので、性能だけで比較しないほうが良さそうです。

レンズ交換の際にほこりが入ることがあるので、ブロアーを使って吹き飛ばします。ゴム製のものは数年で劣化してしまったり、手にゴム臭が残ったりするらしいので、評判の良かったハクバのシリコンブロアーにしました。色は数種類あるので好みで選びましょう。

数日持ち歩いて気になったのがやはりレンズです。汚れや傷がついてしまったらどうしようと思っていたところ、レンズにプロテクトフィルターをつけるのがわりと一般的と知って買うことにしました。調べたところマルミのレンズプロテクトがKissの58mmレンズにぴったりということがわかったので、通常レンズ用と望遠レンズ用に2つ買いました。これでレンズキャップを頻繁に付け外ししなくて済みそうです。

あわせてレンズフードも買いました。こちらもわりと一般的なアイテムで、多くの方がつけています。逆光時のフレアを防いでくれるそうです。レンズの衝突を緩和するためにもつけようと思いました。間違ったフードを選ぶと写真に影が入り込んでしまうので、メーカー純正が良いです。

カメラを持ち歩くのにカメラケースやカメラバッグを検討していましたが、好みのデザインのものが無かったので、エツミのクッションボックスを買って普段使っているバッグにカメラを入れることにしました。いろんなサイズがありますが、Kissシリーズのような小型一眼レフなら一番小さいAタイプでダブルレンズキットがちょうど収まります。

このように一眼レフを買うともれなくいろいろなものが必要になります。将来的にレンズなども買い足すことを考えると、本体はなるべく安いときに買ったほうがいいかもしれません。