「やばい」連発の白馬ジャンプ競技場

「やばい」連発の白馬ジャンプ競技場

長野帰省の際に白馬ジャンプ競技場に行きました。500円でリフト券を買うとジャンプ台の上まで登ることができるのですが、これが全くもって油断ならないのです。

ラージヒルの上から下を見る。高層ビルの最上階に行くのとそんなに違いがないイメージでいたのですが、大間違いでした。

問題は階段です。網状になった床面と腰より低い手すり。工事現場のようなむき出しの階段を登らないことにはラージヒルの上にはたどり着けないのです。あまりのスリルに一緒に行ったみんなのテンションはおかしくなっており、普段の3倍の会話量でした。

途中すれ違った家族は、お父さんが「もう行きたくないよー!」と泣き叫ぶ子供をかかえていて大変そうでした。手すりが低いので、かかえていた方がむしろ危ない気がします。

また別の家族では、子供がスタスタと階段を登ってしまい、お父さんが「やばい、やばい、○○戻りなさい!オレは平気だけど、○○が落ちたら危ないから」と引きとめていました。○○ちゃんはきょとんとした顔をしていました。きっと大物になるのでしょうね。

なんとか無事に降りた後はこちらの名物「信州りんごソフト」を食べました。なかなかおいしかったです。