月別:2006年6月

1/2ページ

変なゲーム発見

  • 2006.06.29

吉祥寺には「METEOR」というゲーム関連ショップがあるそうです。ぜひ行ってみたいと思います。ところで、そのMETEORのサイト内で変なゲームの存在を知ったので紹介いたします。 ロープランナー、ボンバーランナー、ESCALATOR ACTION…。ドット絵がそのままに見えますが法律的には大丈夫なんでしょうか。 これらのゲームはすべて神奈川電子研究所という同人ソフト作成集団の商品です。サイトでゲーム […]

頭文字D THE MOVIE

  • 2006.06.24

実写の「頭文字D」を観ました。レースシーンはなかなか迫力がありましたが、違和感の方が勝ってしまいました。 原作を知っている人にはかなり酷な作品です。ストーリーを映画に向けて変えてしまう手法はよくありますが、登場人物のキャラクターや設定が違うのは本当に戸惑います。この手の映画はギャップを探して楽しめるものもありますが、本作の場合、ほとんどが原作と違うので別の物語と思って観た方が良かったかもしれません […]

決勝に出られるのは半分

  • 2006.06.21

サッカーワールドカップ2006。皆様もご観戦のことと思います。あまりぱっとしない日本チームに非難轟々ですが、こういうときこそ発想の転換が必要なので提案いたします。 決勝リーグに進めるのは出場チームの半分だということを忘れてはいけません。主観的に考えると我が国はなぜ先に進めないのかと不愉快になりますが、客観的に考えると弱いチームが進めないのは当然のことなのです。 もしここで世界の強豪を差し置いて日本 […]

T-FALスチームアイロン

  • 2006.06.13

アイロン好きの憧れの的、T-FALのスチームアイロンを手に入れました。スチームの勢いで有名ですが、驚いたのはその滑りの良さです。 アイロンがけが好きです。かけている間は俗世間を忘れて無欲無心となり、小宇宙(コスモ)を感じます。他人に話してもほとんど共感を得られませんが、書道と同じようなものだと思ってください。 そしてそんなアイロンフリークがついに長年の夢、T-FALユーザーとなることができました。 […]

メタルマクベス

  • 2006.06.12

舞台「メタルマクベス」を観ました。宮藤官九郎さんがシェイクスピアの「マクベス」をヘヴィメタル調に作り直した意欲作。バンドの生演奏と作りこまれた映像をバックに展開する、お得感満点の舞台でした。 マクベスの予備知識もないまま出かけたのですが、気持ち良いほどのヘヴィな演奏と笑える場面満載で序盤からすっかり引き込まれました。映像を巧みに取り入れた舞台で、演技、音楽、映像が見事なまでにシンクロしている様はま […]